HOME事務所概要取扱業務メンバー紹介採用情報アクセスoverview(English)スタッフブログ
  MENU >>
  法律 >>
  会計・税務 >>

                        

※以下の記事は、PDFファイル形式()もしくはHTMLファイル形式()にてご覧になれます。各アイコンをクリックしてご覧ください

消費者契約法のポイント 
近時、大阪高裁において、賃貸借契約に定められた更新料約定が消費者契約法第10条に違反し無効であるとの判決が下され、世間の注目を集めています。上記更新料無効判決の根拠となった消費者契約法について、そのポイントを解説します。(2010/2/11更新)

 取引先(法人)が破産した場合の手続の流れA【破産債権の届出】
取引先(法人)が破産した場合、債権者の有している債権はどうなるでしょうか。今回は破産債権の届出について説明します。(2009/11/13)  


 取引先(法人)が破産した場合の手続の流れ【破産債権の取扱い】
取引先(法人)が破産した場合、債権者の有している債権はどうなるでしょうか。債権者から見た破産手続きの流れについてまとめました。(2009/11/2)  


契約書に押印を要求する理由 
我が国では、契約書を交わすとき、署名に加え押印が行われるのが一般的です。なぜなのでしょうか。(2009/10/27)

破産−執行行為の否認

債権者は、公正証書に基づき破産者の第三債務者に対する債権を差押え、転付命令を得て、第三者から弁済を受領した。その後破産者が破産した場合、破産管財人は否認権を行使して債権者に対して弁済金の返還を請求することができるか?(2009/8/3)

破産−賃貸借契約の処理

賃貸人(転貸人)が破産した場合の賃貸借契約の処理について(2009/5/1)

裁判員制度について
平成21年5月21日から開始された裁判員制度とは(2009/5/1)




※上記ファイルをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。

Copyright (C) 真法律会計事務所, All Rights Reserved.